HOWSだより

発行日・講演日 テーマ 著者・講演者
『思想運動』1033号
2018年11月15日号 
 十月社会主義革命一〇一周年記念集会での主催者挨拶
討論を通じて切磋琢磨し、ともに成長しよう
 広野省三
『思想運動』1033号
2018年11月15日号 
 ルポ  十月社会主義革命一〇一周年記念集会
チリの革命と反革命の経験に学ぶ
 逢坂秀人
『思想運動』1031号
 2018年10月15日号
 HOWS講座「日本ナショナリズムと近現代」の前半を終えて
日本ナショナリズムを超克するために
 渥美 博
『思想運動』1028号
2018年9月1日号 
 HOWS講座『日本ナショナリズムの歴史』に参加して
福沢諭吉とは何者か
 神田五郎
『思想運動』1023号
2018年6月1日号  
 2018年度前期HOWS開講講座
いまなにが問題か? を議論し、行動するために
HOWS第2期の開講にあたって
変革の拠点として育てよう!
 広野省三・HOWS事務局責任者
『思想運動』1023号
2018年6月1日号  
 2018年度前期HOWS開講講座
いまなにが問題か? を議論し、行動するために
「日本のナショナリズムと近現代」へ積極的参加を!
日本ナショナリズムの核心としてある天皇制を克服するために
 渥美 博
『思想運動』1023号
2018年6月1日号 
 辺野古の海を埋め立てるな! 全力で現地闘争を支援しよう
HOWS講座『琉球新報』滝本匠記者を招いて開催
「占領下」さながらの日米地位協定の実態
 野田光太郎
『思想運動』1015号
2018年2月1日号 
 <HOWS講座> 沖縄反基地闘争の現場から――名護市長選を目前にして
沖縄との連帯、問われているのは「本土」の民衆運動だ
 野田光太郎
『思想運動』1012号
 2017年12月1日号 
〈HOWS新ホール開設〉変革のための学びをともに!
イシカワ大使を迎え「ベネズエラ連帯の集い」開催 
 沖江和博
『思想運動』1011号
 2017年11月15日号 
<HOWS講座>映画『母』(フセヴォロド‐プドフキン監督)上映と討論
モンタージュの実践について
 
 伊藤龍哉
『思想運動』1008号
 2017年9月15日号 
関東大震災と朝鮮人虐殺 西崎雅夫さん(関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会・運営委員)
『思想運動』1006号
2017年8月1・15日号
朝鮮学校「高校無償化」の実現を! 大阪での勝利を全国の勝利へ!
朝鮮学校攻撃も〝制裁〞の一側面
 
 李春熙(東京朝鮮中高級学校「高校無償化」弁護団)
『思想運動』1004号
2017年7月1日号 
HOWS講座で北健一さんを講師に討論
「働き方改革」とどう対決するか 
北 健一(ジャーナリスト) 
『思想運動』1003号
2017年6月15日号
HOWSで清水早子氏が沖縄・宮古の状況を報告
宮古島への陸自配備と闘おう!
 
清水早子さん(宮古平和運動連絡協議会・共同代表/止めよう「自衛隊配備」宮古郡民の会・事務局長) 
『思想運動』986号
2016年9月1日号
連載 日本の戦後補償 ── 東南アジアの歴史を通じて考える ②
置きざりにされてしまった現地の協力者
倉沢愛子さん(慶応義塾大学名誉教授)
『思想運動』985号
2016年8月1・15日号
連載 日本の戦後補償 ── 東南アジアの歴史を通じて考える ①
日本軍が行なった強制的徴発の実態
倉沢愛子さん(慶応義塾大学名誉教授)
2016年5月21日(土) 福島で廃炉作業に従事した池田実氏が報告
原発作業員も声を上げるときだ!
池田実さん(福島原発元作業員)
2016年5月14日(土) 『忘却のための「和解」』の著者・鄭栄桓さんを囲んで討論
朴裕河の『帝国の慰安婦』を称賛する日本の知識人・リベラル派の思想的頽廃を撃つ
鄭栄桓さん(明治学院大学准教授)
2016年5月14日(土) 『帝国の慰安婦』事態と日本の責任
日本軍性奴隷制度が射影する日本人民の弱点
鄭栄桓さん(明治学院大学准教授)
2016年4月30日(土)  米韓合同軍事演習に対峙する朝鮮はいま
「独自制裁」発動後に平壌と開城を訪ねて
 
白宗元さん(歴史学博士)